カテゴリー「田圃除草工法」の7件の記事

2012年6月 2日 (土)

田の除草にスクイジー使用

8年ほど前から開発を進めてきた草取り君工具
窓用のスクイジーを使用して見ました
使い方 
5列の稲の間をバックで
スクイジーを前後させ泥を撹拌します
 利点 ①軽量です
     ②稲の回りを確実に草取り出来ます
     ③立った姿勢で作業が出来ます
     ④道具がゴムなので稲に傷が付きにくい
     ⑤道具が安価でホームセンターで入手出来ます
062_001


2011年5月31日 (火)

田んぼ除草器

近年稲作は除草剤を使用して栽培 私は、10年程前から無農薬でこひひかりを栽培

田の草取りは大変・・・6年前から良い方法はないかと開発に着手

今年は、田植え直後から使用出来る農具を開発・・・作業時間はかかるが確実に

田の草が生えるのを防止できます。

 構造はいたって簡単

道具が必要以上に沈まないように空き缶を使用 t1.0の鉄板を取り付け柄を付けます

作業時間:10アール 約6時間(稼働率70%)

Dsc00029

Dsc00030

Dsc00031

2009年11月10日 (火)

田圃に腐葉土

夏場に作った腐葉土を田圃に蒔きました。来年は今年より美味しいお米が食べられます。

Dsc Dsc_2

2009年10月24日 (土)

丸型ポスト 除草工法開発田圃脱穀

無農薬栽培の開発田圃を妻と二人で脱穀

朝から良い天気に恵まれ午後3時には作業終了

豊作100%・・・孫に美味しいお米を食べさせる事ができます。

Dsc00001

2009年10月21日 (水)

丸型ポスト 収穫祭

収穫した農産物紹介

除草工法開発田で刈り取った稲(無農薬栽培)

Img_1498

長芋の栽培

* 土作り・・・土を深さ80㎝ほど掘る。

      ・・・腐葉土・化成肥料混ぜながら埋め戻す。

      ・・・種植え付け

      ・・・追肥

      ・・・水くれ

 ◎芋掘りも容易で美味しい長芋が採れました。

Img_1493

2009年8月16日 (日)

丸型ポスト  開発田に飛び穂が出ました

田圃除草工法開発田のコヒシカリに稲穂がで始めました・・・梅雨明けは遅れましたがこの時期天気が続いております。・・・豊作になつてほしい。

Img_1447 Img_1448 Img_1449

2009年7月15日 (水)

丸型ポスト  田んぼの水止めと灌水

水稲のブンケツを止めるため1週間田んぼの水を止め、土にヒビが入るのを確認して灌水、3日ひど立つたら田の草が大きく成長草が成長するようなので稲も成長していると思う。肥料の少ない個所に追肥をやり、今年最後の田の草取り。

追肥

*肥料の少ない個所・・・稲が黄色くなっている

Img_1284

                                                                                    

                                                               

田圃除草工法開発

稲丈が長くなったので除草道具を改良

改良前

Img_1274 改良後

Img_1283 Img_1279 作業が容易になった

最近のコメント

無料ブログはココログ