« 廃棄していたバンドソウ帯のこ刃再生 | トップページ | 寒ゼリ栽培 »

2011年3月16日 (水)

サフィニヤ差し芽の仕方

3月16日ちょっと早いと思いましたが差し芽をしました。

Img_1771

冬越しをしたサフィニヤをカッターナイフで切断

Dsc00007

2~3枚葉を残し水揚げ約1時間

   注 葉は土につかないように植えます。

Dsc00006

ポットにプランターの土を入れたっぷり水をくれます

  *鹿沼土より植えかえが少なくなります。

Img_1775

発芽促進剤を切り口に付けポットに植えます

     2012年12月 促進剤使用と未使用の2水準で実験

  未使用の方が発芽率100パーセントで生育も完璧でした。

  未使用 さし芽ご2週間日陰に置きその後日差しを当て育てます

Img_1777 

縁側にガラスケース(空気穴含む)温室に入れます

  目的 夜0度C以下にならないようにする為

Img_1773

⑥  水は2~3日おきにやります

⑦赤外線ヒーターで夜暖房(400W) 12月25~

001

 

« 廃棄していたバンドソウ帯のこ刃再生 | トップページ | 寒ゼリ栽培 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サフィニヤ差し芽の仕方:

« 廃棄していたバンドソウ帯のこ刃再生 | トップページ | 寒ゼリ栽培 »

最近のコメント

無料ブログはココログ