« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月30日 (火)

田圃除草工法開発 孫の手No.2活躍

田圃の土が柔らかくなったので作業しやすいように改良しました。軽くて作業が容易になりました。今日で田の草とり終了です。

Img_1225 Img_1226 Img_1227

                                

                            

                            

H21年度の開発は38日間かかり、除草道具もいくつか完成しましたImg_1228

ひまわりも一輪開花しました。

2009年6月29日 (月)

田圃除草工法開発 おたまで田の草取り

おたまで水草をすくいあげる・・・この道具も使えます。

Img_1220 Img_1216

Img_1212

                           

                             

                           旬の野菜「カリフラワー」収穫

Img_1211 Img_1213

2009年6月28日 (日)

田圃除草工法開発 スプーで田の草取り

実験スプー・・・ミゾに水草が挟まります(先の構造考ましたね)

Img_1206

草が取れました・・・スプーが小さいので大きいのがほしい。

Img_1209

スプーを2個着けました・・・今日はスプーで田の草取り

Img_1210

さつま芋の苗に根が出ました確率50%・・・早速植えました。

Img_1187 Img_1188

2009年6月27日 (土)

田圃除草工法開発 シャモジで田の草取り

シャモジを棒の先に取り付け田の草取りをして見ました。

Img_1184

炉端焼きに似た大きなシャモジを作り草が複数収納出来る様金網を取り付けて見ました結果は?

Img_1186

毎日近くに住む母に朝食宅配、毎朝小学生が元気に「お早うございます」と大きな声で挨拶を交わします。母も10月で90歳になります・・・いつまでも元気でいてほしい。

Img_1178 Img_1179

畑の草取りをしました、長芋栽培今年は大きいイモが取れそう

Img_1182

2009年6月26日 (金)

田圃除草工法開発 孫の手改良

孫の手改良

Φを小さくし、田の草を回収出来るように「シャモジ」を取り付けました。

Img_1174 Img_1177

母の庭に咲いていた花

Dsc00008 Dsc00009

2009年6月25日 (木)

田圃除草工法開発 足場完成

足場完成H21年度は田の草取りは終了になります。

足場完成作品を紹介

Dsc00004

「MOV00003.MPG」をダウンロード

Dsc00005

開発田で今年最後の田の草取りをします。・・・後日成果を記事に記載致します。

2009年6月24日 (水)

田圃除草工法開発 木片359個設置

木片359個敷設終了、今日はアゼ周り整備

*木製丸型ポストの館 開発田レイアウト図面作成・・・アルバムに写真掲載

除草道具「孫の手」図面作成・・・アルバムに写真掲載

  (不鮮明なので図面の希望があればコメント下さい・・・メールで送らせて頂きます。)

*設置作業中木片の上でカエルが応援してくれておりました。

Img_1165

*子供のころよく食べたシャゴミを見つけました・・・アマ酸っぱい

Img_1168

2009年6月23日 (火)

田圃除草工法開発 木片打ち込み方法

木片打ち込み方法

ツルハシを胸の高さまで持ち上げ木片まがけて落とします7~8回で作り土まで打ち込めます、木片作業4日目、今日で完成します。・・・田の草取りが楽しみです。

Dsc00007 Dsc00009

ドクケシの花が咲きました

Img_1162

                   チエンソートラブル・・・エンジンがかからないマフラーを取り外し掃除したら解決・・・こんなこともあるかな?

Dsc00006

木製丸型ポストの館 人気ランキング 6月23日5:50 283位

                                                             

                  

2009年6月22日 (月)

田圃除草工法開発 飛び板完成まであと2日

午前中雨のため工房の整理

午後飛び板製作・・・完成までにあと2日

Dsc00001 Dsc00002

稲の成育状況比較

                                          

                                           

 除草剤を使った隣の田圃

Dsc00004

無農薬開発田・・・背丈の伸び、茎が太く成長しております。

Dsc00005

夕方の茂来山

Dsc00003

2009年6月21日 (日)

田圃除草工法開発 飛び板2区画設置

2日目の飛び板作成設置

*木材を輪切りにして、つくり土(田圃の底の固い部分)まで届く長さにして打ち込み、2区画完成・・・安定した飛び板が作れます。

Img_1161 Img_1160

*今日も3区画目の飛び板作り・・・天気はどうかな?

ニワトリも応援してます。

Img_1158

実験失敗

・・・以前田圃にアオコの発生防止の対策に「栗の木」を入れましたが、アオコが発生しました効果は?です。・・・

2009年6月20日 (土)

田圃除草工法開発 田圃に入らないで除草作業 

田圃に入らないで除草作業?

田圃での作業は次の様な問題があります。

足が冷える

足が取られ疲れる

稲を足で痛める

田圃の概念を変え土手の上から作業

・・・田圃を5区画に分け飛び石(木材)設置・・・作業工程紹介

木材切り出し

Dsc00005

バンドソーにて製材 長さ80×巾15×厚さ12.5cm 47本

Dsc00002

穴あけ

Img_1149

木片並べ

Img_1153

ハンマーで打ちこみ

Img_1154

クイ挿入

Img_1155 クイ打ち込み・・・傾き防止

Img_1156

飛び板1通り完成

Img_1157

*今日も飛び板作り・・・丸太もいいな

2009年6月19日 (金)

田圃除草工法開発 前進より後進 

田の草取り、前進より後進

後進することにより、草が確実に取れたか目視しながら作業ができます。作業性も良いように感じました。

*前進作業・・・草の取り残しがあり、足跡が残ります。・・・土が盛り上がり草が生えやすくなります。

Img_1141

*後進作業・・・足跡が残らず、土の盛り上がらりも無く、草の取り残しがあれば、取ることができます。

Img_1140_2 

6月19日更なる改良・・・ご期待下さい。

腐葉土作り仕込み終了

Img_1145 Img_1147

2009年6月18日 (木)

田圃除草工法開発 腐葉土作り

腐葉土作り

茂来山に落ち葉取りに行きました。

Dsc00006_3 Dsc00007_2

近くに渓流が流れておりました…釣りにもきたい

「MOV00005.MPG」をダウンロード

帰りに遺跡の立札が目に付きました。

Dsc00008_2

2009年6月16日 (火)

田圃除草工法開発 効果の検証 

孫の手による効果の検証

除草状況を田圃の中に入って見たところ、水草が残っておりました。

原因調査

 ①1種類の水草が除草されていない。

              Dsc00015 

 

 ②あちこちに稲クズの固まりあり

Dsc00016

 ③水草は1種類でしっかり根を張つている。

Dsc00050_4

 ④釘の長さが短い・釘の間をすり抜けてまう。

孫の手改良

 ①釘の代わりに、板を使用

 ②水の抵抗を少なくするために板にΦ10mm-16個

 ③長さ5cmから・・・10cmに長くした。

Dsc00014

改良した孫の手での除草をして見ました。

 ①稲わらが絡まりません

 ②水の抵抗も少ない

 ③道具が軽くなった

 ④浮いた草が多くなった

  Dsc00017

*今日16日は、3回目の田の草取り

2009年6月15日 (月)

田圃除草工法開発 八千穂高原ハイキング

家庭サービスデー 八千穂高原にハイキング

信州は今の季節が最高です・・・高原に行ったつもりでブログ見て下さい。

Img_1133 Img_1134

レンゲツツジ

Img_1100

クリンソウ

Img_1098

その他 写真帳(家庭用菜園他日々の出来事)写真掲載

2009年6月14日 (日)

田圃除草工法開発 今朝の水面紹介

今朝の外の様子紹介

水面・・・7時頃には水たまりはなくなりました。

Dsc00006 Dsc00007 Dsc00012

                               

小鳥のさえずり

「MOV00002.MPG」をダウンロード

「MOV00003.MPG」をダウンロード

気になった花

Dsc00008 Dsc00009 Dsc00013

                            

国道299号線 畑ケ中交差点

Dsc00011

ムシトリナデシコ(今朝の新聞で名前覚えました。)

Dsc00001

2009年6月13日 (土)

田圃除草工法開発 鹿に稲食べられる

たんぼに鹿あらわる

最近佐久穂町にも鹿が出現、農作物の被害が多発しております、私の水田は道路沿いなので今まで鹿の被害はなかったが、昨日「孫の手による除草作業中」被害を発見「鹿よけの網を設置しました。

Dsc00002 Dsc00003 Dsc00004

11250歩

                                  

                              

TMさんのふるさと便り(6月13日土曜日6:30))

Dsc00001

「MOV00002.MPG」をダウンロード

「MOV00003.MPG」をダウンロード

「MOV00004.MPG」をダウンロード

「MOV00005.MPG」をダウンロード

「MOV00010.MPG」をダウンロード

2009年6月12日 (金)

田圃除草工法開発 腐葉土にわとりもお手伝い 

腐葉土作り「にわとり」と一緒に作り始めました。

近所の荒地に草、カヤ取り

Dsc00001

「MOV00002.MPG」をダウンロード オシギリで切断(稲わら、土手の草、カヤ)

Dsc00007

散らした後、にわとりと足踏み・・・今日はここまで

アオコ除去「栗の木の効果は」・・・ありそう!

Dsc00015

夕方の田圃の風景・・・今日も無事で1日が終わりました。(11260歩)

2009年6月11日 (木)

田圃除草工法開発 栗の木でアオコ除去

アオコ除去剤を使わずアオコ除去

先輩から以前アオコ除去には「栗の木」を田圃に刺しておくと効果がある話を聞いたことがある。・・・早速実験することにしました。

Dsc00002 Dsc00003 Dsc00004 Dsc00005

水の取り入れ口に「栗の木の葉」を入れ、木片を田圃のあちこち起き、木屑は蒔きました。

水面を観察していると、栗の木のアルカリを含むしぶが流れ出し、田圃一面に広がっていきました。・・・効果を期待

Dsc00010

「MOV00012.MPG」をダウンロード

腐葉土加工準備

近所の土手の草刈りをし、草を確保

Dote Dotenokusa

2009年6月10日 (水)

田圃除草工法開発 一夜城

一夜城完成

来年は稲作の有機栽培を計画、昨日1日で30㎡の有機肥料小屋を完成

Dsc00001 Dsc00001_2 Dsc00003

コイン精米機を回って米ぬか集め、(POST工房で出る木くず、落ち葉、草、等)を米ぬかを使って腐葉土を作ります。

作業中、となりの鳥小屋でヒナが昼寝をしている珍しい光景を目にしました。

Dsc00007

一面たんぼに囲まれた我が家紹介

Img_1097

2009年6月 9日 (火)

田圃除草工法開発 大粒の氷が

昨日の夕方佐久穂町では、大粒の氷が降りました。

今年は、気候が寒く特にスイカの成長が遅れております。

Dsc00008

昨日、近所の除草剤を使っての水稲栽培の観察に行きました。草取りをしなくて済むので田圃をかき回す必要がないためか、アオコが発生、成長が遅れているようです。

Sさんの田圃

Ssanntaku1 Ssanntaku2

孫の手で除草した私の田圃

Magonote1 Magonote2

Yさんの田圃

Ysanntaku1 Magonote2_2

草が接岸・・・田圃に浮いていた草がたんぼの隅に集まっていました。

Dsc00009 Dsc00012

娘が今日野菜を取りに来るので取ってきました。男爵(いも)は、この春初めて収穫しました。タケノコ、山吹は妻が親戚から貰って来ました。

Dsc00014 Dsc00013 Takenoko Yamabuk2

2009年6月 8日 (月)

田圃除草工法開発 浮いた草を流し出し

除草した田圃の状況

 昨日から、田圃に水をかけ流し浮いた草を田圃から流しだしました

「MOV00007.MPG」をダウンロード

今朝の田圃の風景

「MOV00011.MPG」をダウンロード

孫の手での除草確認・・・綺麗に草取りが出来ていました。

「MOV00009.MPG」をダウンロード

「MOV00001.MPG」をダウンロード

綺麗になった田圃でカエルがうれしそう。

「MOV00002.MPG」をダウンロード

にわとりが楽しく遊んでいます。

「MOV00016.MPG」をダウンロード

2009年6月 7日 (日)

田圃除草工法開発草 取り具孫の手

草取り具孫の手(田圃草取りの道具)

Img_1087

作業を、近所の小宮山さんにお願いしました。

「MOV00015.MPG」をダウンロード 「MOV00016.MPG」をダウンロード

作業は、比較的容易で、稲の根元まで除草ができます。

除草後の田圃の風景

Img_1091

田圃にカエルが楽しそうに泳いでおりました。

Dsc00015 Dsc00021

今朝、アイリスが綺麗に咲いていました。

Img_1088

2009年6月 5日 (金)

田圃除草工法開発14日目

除草器みそはぎで草が取れなかった部分の除草改善

写真のよう方法で除草実験

Img_1079 Img_1080 Img_1082

-四角を丸に

Img_1083 Img_1084 Img_1086

 20:00までかかって、作りました、明日5時起きして実験

玉ねぎ試験収穫、今年は、勉強したかいあってか大きく育っております。

Img_1073

-左右除草可能にするため、釘追加

Img_1087

5年かかって、田圃の除草がわかりました。

 ①多少時間がかかっても、きれいに草かきをする。

  結果的に、稲の生育を助ける。

 ②足腰が痛くならないような方法

 ③CO2を発生しない工法(動力を使わず)

*明日、の工法で田の草取り・・・楽しみ

2009年6月 4日 (木)

身近な花ばな

今日私の菜園にはどのような花が咲いているでしょう

濃い紫のあいりすです

4

アルバム 家庭用菜園他日々の出来事見て下さい

2009年6月 2日 (火)

田圃除草工法開発 13日目

5年がかりで除草器が完成しました。

除草器みそはぎ

Img_01141 Dsc00005_200807291341401

昔の除草器と比較 

  尾根巾のほとんどが除草できます・・・除草器角度を変化させる。

  軽量で、船により器が浮上します,作業が容易

力を加えると器が沈み除草が開始されます。

  作業能率が50%ほど向上しました。(面積8a)

    昔の除草器 約4時間・・・疲れて翌日は体が痛い。

    除草器みそはぎ 約2時間・・・翌日も疲れを感じない。

ブログを見た皆さんには、製作ノウハウ無償で教えます、無農薬でおいしいお米が食べれますよ。

また、昔から常にたんぼに入ると稲の育ちが良いと言われております。

完成した「除草器みそはぎ」紹介します。

Img_1058

前部Img_1061

後部

Img_1062

ブログ本人から

「MOV00014.MPG」をダウンロード

除草作業

「MOV00002.MPG」をダウンロード

「MOV00010.MPG」をダウンロード

近日中に最小の工具で製作可能な方法、材料費等紹介します。

  12日に紹介した、5寸釘を使用した除草器です。・・・約1,000円

 13日に紹介した除草器は、45,000円ぐらい費用かかかります。

2回目の除草作業は、5月17日に予定

2009年6月 1日 (月)

田圃除草工法開発 12日目

除草器みそはぎの除草試験

除草試験は順調でしたが、作業中、ゴミがからまる。

Img_1033_2 Img_1034_2

除草結果は良好・・・浮いて見えるのが田の草です。

Img_1035 

試験終了後夕日が綺麗でした。

Img_1046

上記除草器に、昔の除草器の車の部分を取り付けて見ました。

 明日は、動画でお届出来ると思います。

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

最近のコメント

無料ブログはココログ